テレビ・ドラマ・映画

年の差婚 第6話 あらすじ・感想 実家に帰ります…夫婦の最大の危機!?

投稿日:

20歳差カップルが障害を共に乗り越え成長する姿を描いたドラマ『年の差婚』第6話のテーマは“実家に帰ります…夫婦の最大の危機!?”です。吹越満の存在で、ちょっとほっこりできました。

今回は1月19日(火)に放送された第6話のあらすじと感想を紹介したいと思います。

○『年の差婚』第6話の主な出演者

花里舞衣子:葵わかな
花里晴美:竹財輝之助
理音:小野寺晃良
村上源一郎:吹越満

『年の差婚』第6話のあらすじ

花里家に居候をしている理音ですが、晴海との関係は相変わらず上手くいきません舞衣子は2人を仲直りさせようと、父・源一郎の別荘でバーベキューを開こうと計画します。

バーベキュー当日、舞衣子たちは源一郎や秘書の崎田一家と共に楽しいひと時を過ごします。晴海は源一郎から、理音が子供の頃に父親が若い女と一緒に失踪したことを聞かされます。そのような過去があり、理音が心を許せるのは舞衣子だけなのです。

バーベキューの後、晴海はコミュニケーションを取るために、理音に引っ越し先が決まったのかを尋ねます。しかし、理音は家から出ていく気はないと答えます。

理音が晴海の家に居候をしているのは、引っ越し資金を貯めることが目的ではなく、2人を別れさせようとしていたからでした。

晴海は理音が嘘をついて舞衣子の気持ちを踏みにじっていることを知り、理音に家をすぐに出ていくように命じます。家を出ていく理音を見て、舞衣子は晴海に理由を訊きます。

晴海は舞衣子を傷つけたくなくて、理由を話せません。舞衣子は理音を追いかけようとしますが、晴海に説得されて追うのをやめます。

しかし次の朝、舞衣子は「実家に帰ります」という手紙を残して、いなくなります。

 

『年の差婚』第6話の感想

舞衣子をめぐる2人の男性の確執が深まり、ラストでは舞衣子が家をでていってしまいました。来週はどんな展開になるのでしょうか?

・吹越満を見てほっこり

さて、今回のエピソードで印象的だったのは、舞衣子のお父さんである村上源一郎を演じている吹越満さんが「素敵なお父さん」だったなぁってことです。

源一郎は第1話から継続して登場していて、今まで出番が本当にちょっとしかなかったのですが、今回は割と長い時間出てきました。すごく優しくて理解のある、娘想いのいいお父さんです。

吹越満は今では大ベテランの域に入っています。芸能界にデビューしたての頃はWAHAHA本舗に在籍していて、漫才やコントなど芸人としての活動がメインだったみたいです。

WAHAHA本舗を退団してからは、本格的に役者としての活動を開始して、映画やドラマ、舞台など幅広く活躍しています。本当にいろいろな作品に出ています。
ドラマや映画を見ていると、ふっと出てきた人物が吹越満だったということも多いです。

あまり主役をやる印象はないのですが、脇役でもしっかりといい味を出していて、主役を縁の下からきちんと支えてくれているイメージです。そして、決まりきった役ばかりではなく、色々な種類の役を器用に演じ分けていますね。

作られた演技ではなく、その場にしっかり溶け込んだ演技をする名俳優だと思います。

今回の話では主役界隈がピリピリしているので、吹越満演じる舞衣子の父の存在は、心がすこし穏やかになります。

・理音のイメージがさらに悪く…

前回の話では、理音を演じる小野寺晃良の女装姿がかなり話題になっていました。
“かわいらしい”とか、好意的な意見が多かったみたいです。

しかし、第6話の放送後のTwitterでは、“性格が悪すぎる”や“自分勝手すぎる”など声が多く、役の印象はあまり良くないです。

舞衣子が傷つくのが嫌とかいう割には、舞衣子を自分だけのものにしたいだけなのだろうなぁというのが感じられます。

印象が悪いのは役の話であって、演じる小野寺晃良に関しては理音というクセのある役をしっかりとこなしていると思います。

小野寺晃良は元々は俳優ではなく、『JUNON』等の雑誌モデルだったようです。洋服等のモデルはもちろん、ヘアスタイルのモデルもしていたみたいです。

劇中でも、オシャレで独特なファッションセンスでした。最近は芸能界にデビューする人が多くなっているのか、気が付いたら初めて見る新しい俳優さんがたくさん出てきます。

今までのあらすじ・ネタバレです。

第1話人気コミック実写化!!ラブラブ新婚生活のスタート

第2話過去より今が大切 思い出をリニューアル

第3話 あらすじ・感想 ライバル出現に晴海が珍しく動揺!

第4話 あらすじ・感想 理想の夫婦 お互いを信じ抜く気持ちしっかりと!

第5話 あらすじ・感想 ライバルが居候 なくなる2人の時間!

 

『年の差婚』次回予告(第7話)

晴海の枕元には実家に帰ると舞衣子の置き手紙が…晴海は舞衣子ときちんと話し合いをしょうと、実家を訪ねます。そして、理音もまた舞衣子に想いを伝えようとしていました。

 

 

まとめ

以上が『年の差婚』第6話のあらすじと感想でした。お互いを思いやるばかりに、晴海と舞衣子の気持ちは徐々にすれ違ってしまいます

しかし、少しずつですがお互いに言いたいことを言い合えるようになりました。
次回、『年の差婚』第7話は2月2日(火)深夜1時28分から放送になります。

-テレビ・ドラマ・映画

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.