テレビ・ドラマ・映画

2/18『カンブリア宮殿』出演・野島廣司(ノジマ)の経歴と経営理念とは!?

投稿日:

毎週、様々なテーマに関してトークを展開する人気番組『カンブリア宮殿』2月18日の放送では、(株)ノジマの野島廣司社長を招き、家電専門店ノジマの接客の強さに迫ります。

今回は出演・野島廣司(ノジマ)の経歴と経営理念とは!?”と題して、この日に出演する野島社長の経歴や経営理念、(株)ノジマの特徴について紹介していきたいと思います。

2/18『カンブリア宮殿』のテーマ

もう何年も前から、日本では家電販売店がブームになっている気がします。ヨドバシカメラやビックカメラ等の大型家電量販店の台頭から、地域社会に密着した“町の電気屋さん”など幅広くあります。

そしてテレビ番組の『アメトーク!』等で人気の家電芸人の登場と、日本人は家電が好きというイメージが強くなっています。もちろん生活に不可欠なものだから当然と言う見方もありますが、昨今の家電ブームにはそれ以上のものを感じてしまいます。

さらに近年の新型コロナウイルス拡大による巣ごもり需要でテレビやノートパソコンの売り上げが伸び、再び家電業界が注目されています。その家電業界で、他とは異なる独特な成長を遂げた家電量販店があります。

2月18日放送の『カンブリア宮殿』では(株)ノジマの野島廣司社長を招き、家電を求める消費者から絶大な支持を集めるノジマの強さの秘密に迫ります。

 

(株)ノジマ社長・野島廣司の経歴

野島廣司さんは1951年1月12日生まれで現在70歳、神奈川県相模原市出身です。出身大学は中央大学商学部みたいです。

(株)ノジマの前身は野島さんの父親が始めた(有)野島電気商会でした。経営状況はあまり良いものではなく、野島さんが高校生になる頃には集金業務等でお店を手伝うことも多かったみたいです。

大学を卒業するころには、父親は家を出て行ってしまっていて、お店は母親と3人の従業員(1人はパートタイマー)だけで切り盛りしていました。

野島さんは本当は経営を継ぐ気持ちはなかったのですが、弟を大学に行かせてやりたいという気持ちもあり、1973年に(有)野島電気商会に入社します。

その後1978年には取締役に就任し、1991年に専務取締役に就任、そして1994年に代表取締役社長となります。

野島さんが社長になってからは、経営不振だった会社を立て直し現在の家電業界第6位の地位までのし上げました。家族経営だから役職についたわけではなく、見事な経営手腕も持っているようです。

その後は(株)テレマックスや(株)イーネット・ジャパン等、主にコンピュータや通信の会社を中心に多くの子会社の設立や吸収合併を行い、それぞれの取締役を務めています。

野島さんが2019年にスルガ銀行の筆頭株主となり、2020年に同社の社外取締役副会長に就任し、業務提携を交わしたのは記憶に新しいですね。

野島廣司の経営理念とノジマの特徴

社長の野島さんが神奈川県出身ということもあり、家電専門店ノジマは関東を中心にチェーン展開されています。そんな家電専門店ノジマは特にデジタル家電に強いと言う特徴があります。

元々野島さんがオーディオが好きだったということもありますし、AVC(オーディオ・ヴィジュアル・コンピュータ)主体のカテゴリーショップを多く展開したり、パソコン専門店を出店したりとデジタル家電に力を入れてきました。

最近になってからも、2015年に携帯電話販売の大手アイ・ティー・エックス(株)、2017年にインターネット通信のニフティ(株)を子会社化しました。

2020年にスルガ銀行と業務提携を交わしたのも、スマホ決済を始めとする新たなITと金融との融合サービスを狙ってのことだと言われています。

野島さんはこれからの社会はITやデジタルが主体となると予測し、デジタルに関しては業界トップの“デジタル1番星”になることを目指しています。

また、野島さんがもう1つ経営理念として掲げているのは、“全員経営精神”というものです。ノジマ(株)で働く社員には単にサラリーマンとしてではなく、経営者としての意識を持って行動してほしいというものです。

この全員経営精神の理念があることで、ノジマ(株)では自分で成長しようとする前向きな人を応援しようという社風があり、社員は色々なことに挑戦することができます。

そのような挑戦心が売り場をもっと快適にしようと努力したり、お客さんのニーズにしっかりと応えたりと、従業員による感動接客につながっているのだと思います。

 

まとめ

ここまで2月18日放送の『カンブリア宮殿』に出演予定の野島廣司社長の経歴と、(株)ノジマの特徴について紹介してきました。

当日の放送では、野島さんが苦労して歩んできた歴史が紹介されるとともに、家電専門店ノジマの地域に根付いたサービスや、従業員による独自の接客技術等について詳しく語られると思われます。

次回『カンブリア宮殿』「唯一無二!感動接客でリピーター続出!お家騒動を乗り越えた家電チェーンの舞台裏」は2月18日(木)夜10時より放送されます。

-テレビ・ドラマ・映画

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.