知恵袋(生活)

バレンタインデーの由来 日本での始まりはいつ?チョコレートの意味をこどもに簡単に説明するには!?

更新日:

「バレンタインデー」って、ご存知ですか?私は女性が男性に告白をしてもいい日、またその時に、チョコレートを渡すぐらいしか知らないのです。子供にバレンタインデーの由来とか、チョコレートを渡す意味とかを聞かれた場合、簡単に説明をしたいと思います。

一年で一番チョコレートが売れる「バレンタインデー」そのチョコレートで、変な誤解を受けたことを思い出し、反省しています。後でお話しするとして、この機会にしっかりと調べてみたいと思います。

バレンタインデーの由来

ローマ帝国の時代のことで、2月14日はすべての神々の女王ユーノーの祝日でした。翌日の15日は、ルペカリアの祭りです。この祭りで、男性が桶の中から女性の名前の紙を引いて、恋に落ち結婚したと言われています。

西暦3世紀頃のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、若者が戦争に行かない理由は故郷に恋人や家族を残すことだと考え、そこで、結婚を禁止してしまいます。
これを受け、キリスト教司祭のウァレンティヌスは、かわいそうにと思い内緒で結婚式を執り行っていました。

そのことが皇帝にわかり、ウァレンティヌスに罪を認めさせ、二度としないように命令をしましたが、従わなかったので、処刑にしました。以降2月14日は処刑された日として、お祈りをするようになったのです。

「バレンタインデー」の「バレンタイン」とは「ウァレンティヌス」のことで、今では「聖バレンタイン」という聖人として知られています。

 

日本での始まりはいつ?

始まったとされるきっかけは、いろいろな説があります。

  1. 昭和11年(1936年)モロゾフが日本で最初にバレンタインデーにチョコレートを贈ると提唱
  2. 昭和33年(1958年)メリーチョコレートカムパニーが、伊勢丹でバレンタインセールを行った説
  3. 昭和35年(1960年)森永製菓がバレンタインデーの新聞広告を出した説
  4. 昭和43年(1968年)にソニープラザがチョコレートを贈ることを流行らせようとした説

諸説ありますが、企業が商業目的で普及させたのが、始まりだとされています。
1970年代に入って今現在の女性が男性に気持ちを伝えるという事が、定着しています。

 

チョコレートを渡す意味とは

日本ではチョコレートが主役ですが、諸外国ではカード・花束・お菓子が多いです。一説によると都内のデパートで開かれたバレンタインセールで、チョコレート業者が「バレンタインには、チョコレートを贈ろう」と広告を出して、キャンペーンを行ったのが発端です。

チョコレート業者に仕掛けられたということです。今では「本命チョコ」・「義理チョコ」・「友チョコ」の他に男性から女性に贈る「逆チョコ」・家族に贈る「ファミチョコ」・自分用として「ご褒美チョコ」または「マイチョコ」もあります。

バレンタインにお菓子を贈る諸外国では、お菓子自体に意味が込められています。

  • チョコレート=あなたの気持ちをそのまま返します。
  • キャンディ=あなたが好き。
  • クッキー=友達。
  • マカロン=あなたは特別な人。
  • キャラメル=一緒にいると安心する人。
  • マシュマロ=あなたのことが嫌い。

    なんとなくお菓子を贈っていたのですが、こんな意味があるのですね。

 

 

まとめ

今は、バレンタインデーを楽しみにしている男性陣が多いです。学生さんだったら、いくつチョコを貰ったか競争しているようです。OLさんとかは、やはりいつもお世話になっている部署内の男性に「義理チョコ」を渡す様になっています。

私の若かりし時のバレンタインデーの苦い思い出があります。OLをしていた時に、初めてのバレンタインデーを迎えました。どうしたいいのか先輩に聞いたら、部署内の男性全員に、義理チョコを渡していると教えてもらいました。25個前後と思いますが、中身は同じチョコレートなんですが、一つだけ包装紙がなく、違うものになりました。

あまり気にせず渡したのですが、一つだけ包装紙が違うものをもらった男性が、勘違いをされました。後日「私だけ違っていたので、なんか気になりました。お付き合いしていただけますか?」と言われてビックリ。

「えぇ、そんなつもりはないのですが」と心の中で思いましたが言えなく、お付き合いをするようになり、一ヶ月位経って「どう断ればいいかなぁ」と思っていたところ、彼が転勤になり、自然消滅になりました。ホッとしました。

義理チョコで学んだこと。

  • 全員全く同じものをする。
  • 同僚女子と一緒に配る。
  • 「義理チョコです」と書かれた遊び心のチョコを渡す。
     または、メモして渡す。

こうすると勘違いは起こらないですね。

本命の彼に渡すときは、チョコレートに拘らず、手作りのマフラーなどを贈って、告白したらいいと思います。成功して結婚をしたカップルもいました。

年に一回の女性からの告白日と考えていましたが、今はかなり積極的に女性が告白すると知って「これも時代の流れかなぁ」と思っています。

素敵なバレンタインデーをお迎えください。

 

 

 

 

-知恵袋(生活)

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.