悩み

ワキガの原因のアポクリン腺の治療は脱毛か手術のどっち?画像で確認してみた!?

更新日:

一人で誰にも相談できず悩んでいること、それは「ワキガ」です。ワキガで思い出すのは中学3年生の同級生、彼女のことです。近寄ってくるとなんとも嫌なニオイがして、ほとんどの友達が、遠ざけていました。私もその一人です。

そんな彼女と仲良くなれたキッカケがありました。私が風邪で学校を4~5日休んだときのことです。「これノートとったから、あげるわ」と言って差し出してくれました。
きれいな字で、わかりやすくまとまっていました。

「えぇ、彼女って勉強家なんだわ」ほんと見直しました。それからはよく話をするようになりましたが、「ワキガ」で悩んでいることを、知りました。深刻な悩みでした。

勉強家の彼女は、いろいろ調べてアポクリン腺が原因で、治療は手術をすることと言っていました。働いてお金を貯めて手術をしたい、と言っていたのを覚えています。

今回、原因のアポクリン腺、脱毛治療・手術による治療について、調べてみました。

原因はアポクリン腺

人には2種類の汗腺があります。「エクリン腺」と」「アポクリン腺」です。
エクリン腺は、全身のほとんどに分布していて、体温調節のためにだす汗です。サラサラの汗で水分が99%ですので、臭いはあまり気になりません。

アポクリン腺は、脇の下・陰部・耳の穴などに分布しています。タンパク質や糖質を含んでいるので、白く濁ってベタベタした汗です。

このベタベタした汗に含まれる皮脂(低級脂肪酸)を体表面の細菌が分解するとき強い臭いを発するのが、ワキガです。症状がでるのは思春期ごろです。また、高い確率で遺伝するとも言われています。

また、ワキガの人は多汗症で、臭いだけではなく、汗の量もかなり多いです。人によって異なります。

 

 

脱毛治療

本来脱毛はワキガの治療ではありません。が 改善や軽減を期待することができます。

3つの理由

  • アポクリン腺の機能を弱める
  • 毛がないので、細菌の繁殖が抑えられる
  • 自己処理の頻度が減り、脇の刺激が減る

種類

  • 光脱毛・レーザー脱毛(光の照射による熱で毛根を破壊)
  • ニードル脱毛(サロンやクリニックで行う脱毛で、毛穴に針を刺し電流を流して毛根を破壊)

脱毛でワキガが悪化することはありませんが、自己流でカミソリ、シェーバーを使った場合は、ダメージが大きいので注意してください。専門的な脱毛器であれば、ダメージも軽減されます。

手術による治療

手術となると、専門の医療機関で行われます。どんな方法で手術をするのか、保険適用できるか、どうか、料金はどれぐらい必要か 入院は?などいろいろ相談してからにしてください。自分が納得するまで聞くことをおすすめします。恥ずかしがらずに相談しましょう。また、ワキガの手術を多くの患者さんに行っている医療機関は、安心できますね。

 

 

まとめ

ワキガで悩んでいる人にとっては、本当に深刻な問題です。そのことが原因で、いじめにあったり、人とのコミュニケーションがとれなかったりして、孤立してしまいます。

まずは、誰かに相談することです。友達・親・医療機関など悩みを打ちあけましょう。
解決はできます。

自分でできる日常生活のことは、やってみてください。

  • こまめにシャワーなどをして、清潔にする。
  • 除毛をして、アルコール綿で拭く。
  • 食生活にも気をつけ、脂っこいものは控える。
  • 睡眠をしっかりとる。
  • 綿、麻、絹などの天然素材の下着をつける。
  • 市販のデオドラント商品や、制汗剤、クリームなど自分に合ったものを探す。ただし、つけすぎはよくない。

やってはいけない間違った対策

  • ゴシゴシと強くこすって、洗いすぎない。
  • 毛抜や強い除毛クリームを使わない。
  • 水分補給を控える。

解決方法は、必ず見つかります。どれが自分に合っているかは、よく考えて判断をするようにしてください。

 

-悩み

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.