テレビ・ドラマ・映画

『七人の秘書』最終回 秘書達VS粟田口十三 最終決着!感動的な兄妹の再会!

投稿日:

表向きには要人に仕える秘書として、裏では弱き者のために社会の悪と戦う『影の秘書集団』との戦いを描いた大人気ドラマ『七人の秘書』最終回は、秘書達VS粟田口十三ついに最終決着 そして感動的な兄妹の再会へです。

2020年12月10日(木)、ついに最終回が放送されました。秘書達の最後のターゲットは、ラスボス的存在、財務大臣・粟田口十三(岸辺一徳)です。決して野放しにするわけにはいかない悪の根源・粟田口を秘書達は見事懲らしめることができるのか?
それでは、最終回のあらすじ(ネタバレあり)と感想を書いていきたいと思います。

『七人の秘書』最終回のあらすじ

いよいよ粟田口を追い詰めるチャンスがやってきたと思った矢先、長谷不二子(菜々緒)と風間三和(大島優子)、そして千代は秘書の仕事をクビになってしまいます。
原因は『影の秘書集団』としての姿を撮られた写真でした。

さらに、千代の兄の望月一男(マキタスポーツ)が、粟田口を襲った暴漢として逮捕されてしまいます。望月千代(木村文乃)と萬敬太郎(江口洋介)は、留置場に入れられてしまった一男を救い出すために、粟田口を倒すことを決心します。

ところが、新しい仕事を探すため、千代達は『影の秘書集団』を解散させてしまいます。

『七人の秘書』最終回のネタバレ

・『影の秘書集団』は解散してしまったのか!?

秘書達は解散していませんでした。千代は銀座のクラブ、三和は父の経営するホテルと、各人がそれぞれの場所で情報集めていたのです。唯一秘書をクビにならなかった照井七菜(広瀬アリス)も、東都銀行頭取のパソコンから不正融資の証拠を得ることに成功します。

・粟田口との最後の戦いはどうなってしまうのか!?

不正の証拠を揃えた萬は国会議事堂を訪れ、粟田口との直接対決に挑みます。萬と秘書達は粟田口を罠にはめることに成功し、記者たちが集まる前で、粟田口は不正献金に関わっていることを話してしまいます

議事堂を逃げ惑う粟田口ですが、ついに追い詰められてしまいます。「秘書、なめんじゃねぇ」と千代達にすごまれ、粟田口は辞任することになります。

『七人の秘書』最終回の感想

ついに迎えた最終回でしたが、ストーリーとしては程よくまとまっていて、綺麗な終わり方をしたのではないかと思います。これまでは、回ごとにメインになる秘書がいたのですが、最終回ということもあり秘書達全員がメインの回でした。それぞれの個性や持ち味がよく出ていました。

大臣室での萬と粟田口の直接対決は迫力がありましたね。
物語の中の戦いだけではなく、江口洋介と岸辺一徳という2大俳優の演技合戦と言うのでしょうか…かなり緊迫するシーンでした。

江口演じる萬は、いつもは他の秘書達に隠れて、自ら先に立って行動することは少なかったのですが、最終回ではついに粟田口と1対1で向き合いました。

萬と粟田口は正反対の2人でした。まさに正義と悪の対決といえる場面でした。江口洋介、正義感が強い役がよく似合います。

逆に、悪役が似合うのが岸辺一徳です。最後の最後まで自分が悪いことを絶対に認めなかったです…本当に往生際が悪かったです。粟田口に関しましては…意外とあっさりとやられてしまったなと思いました。

大臣室での聞かれたくない会話をネットに流されたのに、会見で秘書に罪を被せて自分は逃げ切ろうとするような人物です。罠にかけられて、自分から献金の話を出しちゃったとしても、その場を取り繕って上手くごまかしちゃうくらいしそうなのですが…

千代と一男がようやく本当の意味で再会できました。短いシーンなのですが、思わず涙が出そうになりました。2人ともずっと会いたくてしょうがなかったのですよ。
千代はもちろん会いたかっただろうし、一男も「合わせる顔がない」なんて言いながらも、本当は絶対に会いたかったに違いないです。

2人が抱き合った瞬間は本当に幸せそうでしたね。これからはずっと一緒にいられるのだなって、見ているこちらまで思わず嬉しくなりました。

そういえば…東都銀行の頭取は、きちんと改心しているのかな?最終回冒頭で、千代に自分の間違いをそれとなく指摘されていましたが…千代が「ボスに間違った選択をされることが秘書として悔しい」と語るシーン、心に響いているといいですが…

それと、もう1つ気になるのが…
前回の話で、内定を取り消された中川由加里と、彼女の内定を取り消した高松新はどうなったのでしょう。その後が語られていないから、ちょっと気になっています。

それぞれ個性のあるキャラを演じたキャスト陣ですが…サランを演じたシム・ウンギョンはすごく印象に残っています。第6話と第7話で続けてメインだったのもありますが、力強い表情と特徴的な笑顔が魅力的ですね。これから先は日本でも色々なドラマや映画でさらに活躍しそうです。

七菜役の広瀬アリスもものすごく個性的で面白かったです。頭取にお茶をかけてしまう場面や、振り込め詐欺に引っかかってしまうところも、彼女らしさが出ていてよかったです。

そして、秘書と言えば…今までずっとナレーターとして声だけの出演だった岩下志麻さんが、最後の最後に内閣総理大臣秘書として出てきました。1分も映ってなかったと思いますが、画面から圧力が感じられるほどの迫力がありました。

総理大臣の秘書ですから、本当に日本を影で動かしているのは彼女なのではないですかね!?彼女を主人公にしたスピンオフも見てみたいです。絶対に面白そうですよね。

 

 

まとめ

ドラマ『七人の秘書』最終回のあらすじと感想を書いてきました。最終回では秘書達とラスボス的存在の粟田口との最終対決が繰り広げられました。秘書達それぞれの個性や持ち味を満喫できた回だったと思います。

そして、勧善懲悪というこのドラマらしい内容の回でした。最近のドラマでは、このような勧善懲悪ものはそんなに多くない気がします。最後には正義が勝ってくれる、そういうスッキリとした物語は見ていて、すごく気分がよくなります。

すごく人気のあるドラマだったので、何となくシリーズ化するような気もします。続編が放送されるなら、また見てみたいと思います。いつか再び彼女たちが帰ってきてくれる日を、期待を込めて待っています。

-テレビ・ドラマ・映画

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.