テレビ・ドラマ・映画

『七人の秘書』第6話あらすじ・感想 リリー・フランキー名演 感動の父娘愛

投稿日:

表向きには秘書として要人に仕え、時に『影の秘書集団』として社会の悪と戦う名もなき秘書達の活躍を描いた大人気ドラマ『七人の秘書』第6話はリリー・フランキー名演、感動の父娘愛です。本当にとても感動する内容でしたね。

2020年11月26日(木)『七人の秘書』第6話。が放送されました。
ここでは『七人の秘書』第6話についてあらすじ(ネタバレあり)や感想を書いていきたいと思います。

『七人の秘書』第6話について

第6話では、秘書たちの1人であるパク・サラン(シム・ウンギョン)が務めている慶西大学病院が舞台となります。今回の重要人物はリリー・フランキー演じる凄腕の執刀医、白鳥六郎です。何やらサランとは深い因縁があるみたいなのですが…

慶西大学病院ではどのような事件が起こるのか…白鳥とサランの因縁とは何なのか…
秘書たちはどのような活躍をするのか…それではあらすじを書いていきたいと思います。

『七人の秘書』第6話のあらすじ

第5話で心を入れ替えた東京都知事の南勝子(萬田久子)ですが、都庁へ出勤したところで倒れてしまい、慶西大学病院へ救急搬送されます。勝子の病状は急性心筋梗塞でした。

病院側で執刀医を決めているところに、財務大臣の粟田口十三(岸辺一徳)から連絡が入り、執刀医は自分がすでに選んだと告げます。粟田口が選んだ執刀医は、ゴッドハンドと呼ばれる天才心臓外科教授・白鳥六郎でした。白鳥の名前を聞いて、動揺を隠せないサラン…

ラーメン屋『萬』では、夫の心臓の手術の日程が決まっていたのに急遽取り消されてしまい、困っている青果店の康子が相談に来ていました。手術の日程を取り消した医師というのは白鳥で、取り消した理由は勝子の手術をするためだったのです。秘書達は康子に自分たちが力になることを約束しました。

一方、東都銀行での勤務を終え、帰宅しようとする望月千代(木村文乃)は粟田口に接触しようとするサランを目撃します。サランは粟田口に「白鳥に会いたい」と懇願します。実は白鳥は、かつてサランと母親を捨てたサランの実の父親だったのです。

手術の日が近づき、勝子の元に粟田口がお見舞いに訪れます。付き添いの者達を退室させ、2人きりで話そうとする粟田口…勝子に政界を退陣するようにすすめます。しかし国民のために働きたい勝子はそれを拒みます

勝子に要求を断られた粟田口は、研究費をエサにし、白鳥に手術をわざと失敗するように頼むのですが…

『七人の秘書』第6話のネタバレ

手術をわざと失敗するように頼まれた白鳥ですが…白鳥は研究費を受け取らず、「私は人を殺すために研究しているのではない、人を生かすためだ」と言って、粟田口の要請を断ります。その後、白鳥は当初の予定通りに青果店の康子の夫の手術を行い、手術は成功します。

白鳥に断られた粟田口は慶西病院の医師を使い、勝子の手術を失敗させるように画策するのですが、その話を聞いていた秘書達は計画を阻止しようと活動を開始します。

真夜中サランは得意のコンピュータで病院のシステムに侵入、勝子の病室の機器類を操作し、緊急手術が必要な状況を作り上げます。緊急手術を行うのは…
秘書達の要請に答えてくれた白鳥と、それをサポートする看護師に扮した秘書達でした。そして、手術は無事に成功します。

手術の後、サランは風間三和(大島優子)とともに、白鳥に謝礼を渡しに行きます。
白鳥はお金を受け取らず、サランは名乗らずに立ち去ろうとするのですが…
実は白鳥はサランのことを娘だと気づいていて父親としての本当の気持ちをサランに伝えるのでした。

その後、サランに接触する粟田口…サランに自分の秘書になるように勧めるのでした。

 

『七人の秘書』第6話の感想

七人の『影の秘書集団』が悪を懲らしめる勧善懲悪が見どころの本作ですが、第6話に関しましては、主役は秘書達ではなくリリー・フランキー演じる白鳥六郎でしたね。

初めこそ、傲慢で人を見下しているような態度で、秘書たちが懲らしめるターゲットのような雰囲気だったのですが…粟田口大臣からの卑劣な要請を突っぱねた辺りから、人付き合いや気持ちを素直に表現することは苦手ではあるけれど、心の内には医者としての強い正義心があるのだとひしひしと感じられました。

何よりもすごく存在感がありました。最後にサランと向かい合い、涙ぐみながら娘への想いを告げるところは、見ているこちらも涙腺が緩くなってしまいました。とてもカッコいい役者だと思います。

もちろん、サランを演じるシム・ウンギョンも良かったですよ。言葉使いも表情もすごく真剣で、一生懸命さが感じられました。最後はずっと会えなかった父親と心を通わせることができて、本当に良かったですね。

『七人の秘書』次回予告(第7話)

東都銀行の内定を突如取り消されてしまった大学生の中川由加里(井原六花)…彼女を救うため、その経緯の調査を行う千代ですが、そこには粟田口が関わっている可能性があったのです。

一方、秘書たちの憩いの場所であるラーメン屋『萬』では最近サランの姿が見えなくなっていました。心配する秘書達ですが、サランは粟田口の新しい私設秘書として姿を現します。

さらに、千代は行方不明になっていた兄である一男の姿を目撃します。サランの裏切り?や千代の兄の登場など、物語が急展開する気配がありますね。これは次回も見逃せませんね。

 

 

まとめ

今回は『七人の秘書』第6話について、あらすじと感想を書いてきました。第6話では都知事である勝子の手術をめぐり、財務大臣の粟田口が自分の私欲のために卑劣な計画を実行しようとしていました。その計画を事前に防いだ秘書たちの活躍を見ることができましたね。

そして、天才執刀医の白鳥とサランとの父娘の絆が深く感じられた、とても感動的な回でもありました。思わず涙腺が緩んだ人も多かったと思われます。

そして、次回からは物語が急変しそうな気配が感じられますね。
次回第7話は、12月3日(木)夜9時から放送になります。

-テレビ・ドラマ・映画

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.