知恵袋(生活)

ホワイトデーのお返しに意味があり 選び方とは?ハンカチは危険かも?

投稿日:

いよいよホワイトデーがやってきます。お返しを真剣に悩む、本命ねらいの20歳前の彼氏のために、意味や選び方、ハンカチは危険かどうかアドバイスします!
高校や大学に在学中の20歳前の彼女にとっては、ワクワクしたり、ソワソワしたり、あるいは冷淡だったりして、複雑な気持ちになるのがホワイトデー。

バレンタインデーは、本命の彼氏にしかチョコをあげないのが彼女たちのやり方だから、本命の彼氏がどんなお返しをくれるのか、落ち着かないのです。

チョコをもらった彼氏としては、自分の気持ちをしっかり伝えられるお返しをしなくっちゃ。お返しの意味、選び方など知らないと、後悔するかも?最後まで読んでいただいて参考にしてください。

ホワイトデーのお返しに意味があり?

まずは、ホワイトデーのプレゼントは「チョコをくれた本命彼女に対して、感謝の気持ちをお返しするもの」です。そして、お返しのプレゼントとして贈るお菓子には、それぞれ、形や歴史、食べ方などからつけられた意味があります

せっかくある意味を知って、本命彼女に伝えてあげたら、彼女は絶対、喜んでくれるはず。さっそくみていきましょう。

・本命彼女にぜひ贈りたいお菓子の意味

キャンディー(あなたが好きです)
マカロン(あなたは特別な人です)
マドレーヌ(もっと仲良くなりたい)
バームクーヘン(幸せがずっとつづきますように)
金平糖(キャンディーと一緒。あなたが好き)

<要注意なお菓子>

クッキー(あなたはお友達)
マシュマロ(あなたは嫌い)
グミ(きみが嫌いなのをわかってほしい)

チョコには特別な意味はなし。

ホワイトデーにチョコを贈るのは、もらったチョコを返す意味にもなって印象が良くありません。ホワイトチョコでも同じ。

・本命彼女にアクセサリーはちょっと重い意味かも?

ちょっと背伸びして、アクセサリーを贈りたいなら、アクセサリーの意味も覚えておきましょう。女性が男性にネクタイをあげると、あなたに首ったけという意味になるともいわれています。

それだけ、首や手につけるアクセサリー類は、ホワイトデーのお返しとしてもらうにはちょっと重い印象になりがち。アクセサリーを贈る時は、気をつけましょう。

ブレスレット(あなたを束縛したい)
手錠にもつながるブレスレットは、束縛や独占の意味があります。

ネックレス(独占したい)
ネクタイと同じで首輪につながります。

ブランドもののアクセサリーは、20代、30代彼女なら喜ばれますが、20歳前、同年代の彼女には重く感じる場合も多いかもしれません。

5,000円以下ぐらいのもので、シンプルで身につけやすいものにしましょう。

・番外編

お菓子でもアクセサリーでもないものは、うまくいけば彼女のハートをつかめます。ただし、うまくいくか、ダメになるか、紙一重のものもあるので要注意!

ハンカチ(あなたと別れたい)
涙を拭くのはハンカチです。ハンカチは離別を意味するものとして、避けられることもあります。

香水(エッチしたい)
どうしてもセクシャルな意味がこめられてしまう香水。相手によっては嫌に思われることも。

花束
贈り物としては誰にでも好感度大な花束ですが、特別な意味はありません。ただし、花言葉はあるので、愛につながるバラやチューリップが向きます。

 

本命彼女に渡すホワイトデーのお返しの選び方

高校生や大学生の本命彼女にお返しのプレゼントを選ぶ時は

・予算を抑えめにして頑張りすぎない

大学生でも、予算は2,000円ぐらいから、奮発しても10,000円ぐらいまで。何万もするものをあげても「遊び人っぽく」みられて、ちょっと印象が悪くなることもあります。

まして、高校生なら2,000円~5,000円ぐらいに抑えた方が、相手も納得して受け取ってくれます。

「彼女よりも少しだけ高いものをねらう」と、はずれないでしょう。

・プレゼントにひと言添える

彼女の心に響くようなひと言を添えてあげると、喜んでくれます。プレゼントの良し悪しよりも、こちらの方が彼女に響くことも。やはり手書きをおすすめします。心が込められています。

・お返しのプレゼントの意味を知って贈る

彼女は、彼氏からのお返しのプレゼントの意味が気になっているはず。友達としてしかみてくれていないか、本命なのか、気になって仕方ありません。

彼氏が意味を知ることで、彼女が本命であることを伝えやすくなります。ひと言添える時も書きやすくなるでしょう。

また、反対にうっかり「ホワイトデー」を忘れていた時、彼女はこんな気持になっています。参考にしてください。

ホワイトデーにお返しのない彼氏とは別れる?モヤっとした気持ちの解決法!

 

ハンカチは危険かも?

ハンカチは、アクセサリーほど買うのに気恥ずかしくないし、アクセサリーほど気に入ってくれるか、使ってくれるか、気にすることもありません。

何よりもブランド品でも5,000円以下で十分、買えるのはいいですよね。彼女が手に取って使ってくれることを想像するだけで、ワクワクしたり・・・。

なのに、「別れ」を意味するから贈るのは危険、止めた方がいいのかとガッカリしたのでは?

大丈夫です!危険といっても、ちょっと気をつけてあげれば、彼女にも喜んでもらえます。

ポイントは

・彼女に一応、伝えておく

ハンカチが別れを意味することを、ひと言添える時に、そっと伝えておくのもいいです。その後に、必ず自分の思いをしっかり伝えるのがカギ。

その言葉が彼女に響けば響くほど、ハンカチのもつ危険なイメージは薄まっていきます。

・他のアイテムと一緒に贈る

例えば、一輪の薔薇を一緒に、あるいは、かわいいポーチと一緒に、ハンカチの意味を打ち消すようなアイテムを一緒に贈ります

ハンカチの意味が危険というよりは、彼氏としての実力が試されるのがハンカチ、ともいえます。腕の見せどころですね。

 

 

 

まとめ

ホワイトデーのお返しとして、高校生や大学生、20歳前の彼氏の場合をみてきました。お返しのプレゼントの意味まで考えて贈る彼氏は、案外、少ないかもしれません

一方、お返しのプレゼントに意味があることを知っている、20歳前の彼女は結構います。一度、意味を覚えてしまえば、後々にも役に立ちそうです。

本命彼女へのお返しのプレゼントを選ぶ時には、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

-知恵袋(生活)

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.