ゆとり

節約術を楽しくするドケチでない主婦とは?食費や貯金のやり方は!?

投稿日:

あなたは将来のことを考えると、少しでも節約してお金を貯めたいと思いますよね。
今回は、節約術を楽しくするドケチでない主婦とは?食費や貯金のやり方は?というテーマで進めていきます。

周りに「あの人ドケチよね」なんて陰で言われていたらとても悲しいです。また、頑張り屋さんに多いのですが、頑張りすぎて節約が辛くなってしまう。それもとっても悲しいことです。そうならないために、楽しみながらできる節約を紹介したいと思います。

節約術を楽しくするドケチでない主婦とは?

節約とドケチは似ているようで違います。その違い、分かりますか?
節約とは、無駄な支出を出さないように気を付けたり、改善できるところがないか考えて工夫すること。そして、必要な時にはちゃんとお金を遣うことです。

一方ドケチは必要な時や大切なものにもお金を遣わないこと、出さなければいけないところにも出さないことです。

そのバランス次第で、「あの人ほんと節約上手で見習いたいね」と言われるか、「あの人ドケチでなんだか痛々しいね」と言われるかが違ってきます。本来遣うべきところまで抑えてしまうと、節約も辛いものになってしまいます。

私が苦痛にならず節約し、ドケチにならないために気を付けていることを4点ご紹介したいと思います。

①交際費はケチらない
冠婚葬祭やお誕生日・父の日・母の日など、交際費は確保するようにしています。
もちろん、見栄を張る必要はなく、身の丈に合った常識的な金額です。
お付き合いを大切にし、また、感謝を伝えるときはしっかり伝えるようにしています。

②ルールを決めて外食
家族での外食は大切なコミュニケーションです。そして、毎日節約を意識して食事を作っているからこそ、たまには人の作ったものが食べたくなります。ただ、何となく外食はせず、ルールを決めて外食しています。

イベントや特別な日はちょっと豪華なものを外食する、レジャーで出かけた時は、安いところでもいいから、ワイワイ食べれるところで外食するなどです。上限を決めて遣いすぎなければ、また日々の節約して美味しいご飯を作ろう!という活力も湧いて、次の日から節約が頑張れます。

③一人で頑張らない
一人で頑張ってしまうと、家族の行動にイライラしたりストレスが溜まってしまうこともあります。そうなると家庭の雰囲気も悪くなるしいいことはありません。
ぜひ家族と節約目標を共有しましょう。

「将来のために」という目標ではあまり意欲も湧きませんが、例えば、「節約してあそこに行こう!」とか「節約してあれを食べよう!」などと具体的な目標があれば家族もそれを励みに節約を意識します。

節約できたら何をしたいか家族で話す時間も幸せの一時です。家族で行く旅行を想像したり、幸せな気分になります。

④固定費の見直し
固定費の見直しは大変大きな効果を発揮します。最初見直すときは少し大変ですが、一度見直せば削減効果がずっと続くので大変おすすめです。

特におすすめなのが通信費の見直し・保険料の見直し・電気代の見直しです。スマホの月々の支払いは大きいです。もし、今スマホを3大キャリアで契約中なら格安SIMに切り替えるだけで大きな節約効果があります。仮に月々スマホ代が5,000円下がれば年間で60,000円も節約できます。

次に保険料です。自動車保険は今は通販型も増えています。従来の代理店型よりも安いことが多いので、もし今代理店型で加入している方は、通販型で一度見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。

また、車両保険や免責金額の見直しで保険料もだいぶ変わってくるので、現在の補償内容を見直してみましょう。

生命保険についても保障内容を再度確認してみてください。加入する時と現在でライフスタイルは変わっていませんか?ライフスタイルが変われば必要な保障も変わってきます。また、生命保険も新しい商品が次々に出ています。見直すことで保険料を削減できる可能性は高いです。

電気代も自由化で各社競争をしています。電話をしてシミュレーションしてもらって一番お得な方法を選択しましょう。その時に、しっかりと説明を受けて、後日トラブルのないように気を付けてください。

 

食費や貯金のやり方は?

次は具体的にどうお金を貯めていくかをお伝えしていきたいと思います。

食費の節約方法

ここで注意したい大前提なのですが、食はとても大切なので極端に節約しないことに気を付けましょう。食費を削るあまり健康を害してしまっては元も子もありません。

私が食費節約のために行っていることをご紹介したいと思います。
まず基本ですが、冷蔵庫の中身はしっかり把握することです。賞味期限や何がどれくらい残っているか把握して、無駄なく使いきります。

そして、冷蔵庫の中身をしっかり把握したうえで買い物に行きます。買い物に行く前も、買い物リストを作って無駄なものを買わないように気を付けています。
できるだけまとめ買いをしてスーパーへ行く回数を減らし、無駄なものは買いません。

貯金のやり方

おすすめは先取貯金です。先に貯金に回してしまえばいいのです。特にあるとあるだけ使ってしまう方におすすめです。また、小銭貯金もおすすめです。


塵も積もれば山となるということわざ通り、あまり苦痛にならずに気が付けば貯まっています。なんだかラッキーな気分にもなれますよ。毎日家に帰ってからお財布に入ってる小銭を貯金箱へ移しましょう。

ついでに要らないレシートやその他のカードやクーポンなども整理して、スッキリしたお財布を維持すれば一石二鳥です。余談ですが、すっきりしたお財布は金運もアップしてくれます。

貯金を続け、しっかり貯めるためのポイントは達成感を味わうことです。貯金したい理由・目標を考えて、それを励みに貯金する。そしてその目標を達成した嬉しい気持ちを味わいましょう。

そうすることで、また次の日からの節約のモチベーション維持につながります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。節約は辛い思いをしてすることではありません。
遣うところは遣い、メリハリをつけて節約し、日々充実して過ごしましょう。

ちょっとした工夫で、楽しくできるのが節約です。今一度、振り返り見直すことが大切です。あなたの将来のために是非行動をしてみてください。

-ゆとり

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.