知恵袋(生活)

花を長持ちさせる方法は洗剤・砂糖効果アリ!夏は氷を入れる?

更新日:

花をプレゼントしてもらったら嬉しいですね。できれば長持ちさせたいです。きれいな花に癒やされたいです。と思ってもお手入れのしかたで、花の状態が変わってきます。

友達から「どうしたらいつまでもきれいな花の状態で、長持ちできるか教えて」と聞かれた時がありました。正直即答できませんでした。「調べておくね」と返事をして忘れてました。ある本で花を長持ちさせる方法は、洗剤・砂糖を少し水の中に入れると書いってあったことを思い出しました。

実際効果はあるのかどうか、また夏は水の中に氷を入れたらいいとなっています。友達に教えてあげるためにも、調べてみました。

花を長持ちさせる方法

一手間かけるだけで、かなり長持ちします。基本は「水切り」です。水の中でよく切れるハサミで斜め切りです。切り口を斜めにすることで、水と触れる断面が広くなります。こうすることで吸水をよくします。

水は毎日入れ替えするのがいいです。そのままにしておくと、細菌が増え枯れるのが早くなります。

葉・蕾が多い時は取り除くようにしてください。水と接している葉は、すべて取り除き
蕾も栄養分を必要とするので、あまり多いと花が枯れてしまいます。

花瓶はきれいに洗って、水は約3~5センチで充分です。あまり多く入れすぎると、茎が傷んでしまいます。

花を飾る場所もできれば、涼しい玄関、トイレがいいです。エアコンの風、直射日光は避ける方がいいです。

茎にぬめりがある時は、きれいに洗って、花瓶も洗います。その時に茎を少し水切りをするといいでしょう。

洗剤を入れる

植物には導管(水を吸い上げるための管)があり、バクテリアなどの細菌が花瓶の中で増殖します。その管をふさぐことで水揚げが悪くなります。それで傷んでしまいます。

中性洗剤で、雑菌の繁殖を抑えることができます。水が腐りにくくなり結果、花が長持ちします。また、「界面活性剤」が水揚げを助けますので、より長持ちします。

漂白剤でも代用できますが、1リットルあたり1~3ccが適量です。入れすぎると早く枯らしてしまいますので注意してください。

 

砂糖を入れる

砂糖は長持ちというより、糖分を与えます。色あせや蕾を咲かせるのに有効です。

花が栄養分として吸収します。水200ccにつき砂糖小さじ2の割合です。少なすぎても多すぎてもあまり効果はありません。また、バクテリアが増殖しやすくなりますので、水はこまめに替える必要があります。砂糖だけでは長持ち効果は期待できません。

 

夏は氷を入れる

夏場は水が腐りやすいので、氷で水温を下げるのは大切です。たったこれだけで、花の寿命が延びるから不思議ですね。

植物の気孔が閉じて、水分の蒸発を防ぎます。一日に3回ぐらい水を替えるとさらにいいです。ちょっとめんどうですね。

 

 

 

まとめ

基本は毎日水を替えることです。水切りも大切で、花を飾る時は、花瓶の3~5センチ位の水で充分です。水に触れる茎はすべて取り除きます。葉・蕾も多ければ取り除くほうがいいです。置き場所も涼しい玄関・トイレがいいです。

花を長持ちさせる方法は、水の中に中性洗剤、または漂白剤を入れてさらに砂糖を入れるのがおすすめです。夏場は氷を少し入れましょう。分量は間違いのないようにしないと、早く枯れてしまいます。

もし花が枯れてきたら、生き返らせる方法があります。「水揚げ」「湯あげ」です。

水揚げとは、水を使って生き返らせる方法です。花を新聞紙でしっかり包み、切り口10センチは出しておきます。バケツにたっぷり水を入れ、茎を水の中に入れ5センチ位切ります。この状態で2時間ぐらい水につけおきます。

湯あげとは、沸騰したお湯を使って生き返らせます。新聞紙で包んで5センチ位のお湯を鍋に沸かし沸騰したら火を止めます。その中に花を2センチ位つけ、10~15秒でお湯から出し、2時間ぐらい水につけおきます。

いろいろな方法を試してみて、花を長持ちさせてみてください。

 

 

 

 

 

 

-知恵袋(生活)

Copyright© どんとこい・これからの人生120%ワクワク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.